クロスオーバードームの小ネタ

山旅道具
スポンサーリンク

ブログの検索ワードを見てると、
「クロスオーバードーム たたみ方」や「クロスオーバードーム 改造」
で見てくれる方がいらっしゃいます。

この記事ですね


でもこの記事はただの紹介で、検索結果にそえず申し訳なかったので、
自分がやってる小ネタを記事にまとめてみました。

自分流収納方法

クロスオーバードームって空気抜けなくて畳むのが大変です。
苦労されている方も多いと思います。
で、自分の場合。

純正の袋はやめて、一回り大きい4リットルの袋に収納しています。

利点であるコンパクト性は犠牲になりますが、
重量自体は変わらないし、他の荷物でギューギューつぶせば小さくなるので、
自分的にはこれでいいかなと思っています。

では自分流収納方法です。

(1)入口のチャックを全開にします。

(2)入口が表側になるように横半分におります。

(3)縦半分×2回折りたたみます。

(4)入り口側に向かって丸めて、収納袋に入れます。
 大きく開いた入り口側から空気が抜けるので、畳みやすくなっていると思います。

収納袋は4リットルのメッシュザックを使っています。

メッシュにした理由ですが、縦走で連泊する場合、
「ザックの背面ポケットに入れとけば乾きがいいんじゃね?」
って思ってました。

実際運用すると全然乾かない。

僕が使っているのはこれです。
使うと丈夫なのですが破れないか気をつかうので、次は普通のやつにします。

4リットルだとテントとグランドシートとペグがちょうど一緒に入ります。
ちなみにグランドシートはタイベックシルバーを使っています。

自分流プチ改造

このテントの不満点。
室内にループがないのでテント内に衣類が干せない。

もともと自立式シェルターだから当然なのですが、
常々、衣類が干せると便利なのにって思っていました。

縦走とかで衣類を乾かしたい場合は、
こんな感じで干してました。

白馬岳のテン場にて。人多すぎて岩の上しかテントを張る場所がなかった。

晴れならまだいいのですが、雨の日はどうしても室内干しするしかない。

無理やり室内に干す場合は、吹き流しにポールさして、そこにかけていました。
ただ、吹き流しの位置的に室内のど真ん中にくるので、とても鬱陶しい。

ポールは自作カーボンポールの黒豹君。物干しにもなる優れもの。

で、自分がやったこと。

ループ縫い付けちゃいました。

ループは100均のワッペンです

表側の縫い目にはシームコートで補強。

雑な縫い目・・・

シームコートっていうのは、縫い目から水が入ってこないようにする液体です。
これを本来の目的+補強もかねてヌリヌリしてます。

自分はキャプテンスタッグのを使っていますが、
テントメーカのアライとかも取り扱っています。

これで室内にロープを張り巡らせて、衣類を干すことができます。
夏のウェア一式くらい干しています。

汚い絵面。室内はおっさんの香りでいっぱい!

今のところ5泊くらい使っていますが、破れたりはしていません。
当然、メーカ非推奨の自己責任です。

自分流ガイラインの張り方

自分流と書いていますが、メジャーなやり方だと思います。

まず、ラインはダイニーマ製の1.7mm。
ここで買いました。
テント側は夏でも冬でも自在をつけています。

アンカー側は投げ罠結びにして、ループの長さを可変できるようにしています。
ループの中にチューブを入れると広げやすくなります。

使うときは広げて、

こんな感じで石にくくったり、

こんな感じでスノーペグに固定しても良いです。

ちなみに最初の方の写真にあるとおり、
ガイラインはつけっぱで収納しています。

以上が自分流の小ネタになります。

同じヘリティジのソロXも持っているのですが、
出番はいつもクロスオーバードーム。
やっぱり軽いは正義。
今後も使い倒していこうと思っています。


検索で見に来てくれた方の参考になれば幸いです。

コメント