穴の空いたハイドラパックの修理

山旅道具
スポンサーリンク

比較的、最近出回りはじめたハイドラパック。
プラティパスより柔軟性があり、折りたたみやすくて使い勝手が良いです。

私が使っているのは、カタダインのビーフリーですが、
穴が空いてしまいました。

買い換えるにも、いいお値段がするので、何とか修理できないかと思って
ネット探してみるも、それらしい記事は見当たらず。

そもそもハイドラパックって素材何なんだろと思ってググると、
どうやら ポリウレタンな様子。

じゃあ接着剤で補修できるんじゃね?と思い、
駄目もとでやってみました。

使ったのはこれです。
バスボンドQ。

バスコークNも同じようなものです。

一応書いておきますが、両方とも食品用では無いですので、自己責任で。

これをつまようじ等で、穴が空いた箇所の上に塗っていきます。

こんな感じ。
塗り終えたら一日放置です。

乾くとこんな感じ。
手で触っても剥がれないので、どうやら上手くいったようです。
早速、水を入れて漏れないかチェック。

水を入れて、容器を押して圧力を掛けてみましたが、
水は漏れません!成功です。

この後、山で使ってみましたが、やっぱり漏れませんでした。
耐久性はこれから検証ですが、そこそこいけそうな気がします。

全国の穴の空いたハイドラパックをお持ちの皆さん、
500円くらいで直る可能性があるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

2019/09/11追記

修理から3カ月。
キリマンジャロに持って行ったり、北アルプス縦走したりしましたが、
今の所、水漏れすることなくバッチリ使えています (+w+)b

コメント