100均サンダル改造!テント場専用軽量サンダル作成

山旅道具
スポンサーリンク

テント場用にサンダルを持って行く派、行かない派がいると思いますが、
僕は基本的に持っていかない派です。
荷物になるし、コミュ力ないからテントに引き籠ってるし

でも、真夏のくっそ暑い日に行動して、靴の中が蒸れて腐海状態になった時とかに、
一度靴を脱いで干したい。

テント場用の定番サンダルと言えば、
・クロックスやキーン
・ルナサンダル
・100均のサンダル
あたりが有名です。

しかしどれも嵩張ったり、重かったり、高かったりします。
じゃあ納得行くもの作ればいいじゃん!ってことで、
100均サンダルを納得行く形に改造してみました。

材料

  • 100均サンダル
  • 直径2mmくらいのアクセサリーコード
  • (お好みで) 内径3mmのシリコンチューブ
  • (お好みで)適当な柔らかい紐

工具

  • カッター
  • 100均のφ2~3mmくらいのアルミ線
  • ライター
  • ペンチ
  • 2mmのカギ棒 (手芸コーナーにあります)

作り方

まず100均のサンダルの不満点が2つ。

①微妙に重い。1足分で100g以下にしたい。

②形状的に嵩張る。

ということで、重たくて嵩張る上側を外して、代わりにラインで足を固定する方式を採用。
ワラーチ風ですね。

上側をカッタースパッと切っちゃって、下側のベースを使います。
切っちゃった画像を撮り忘れたので、わかりにくい横からの写真です。

アルミ線をライターであぶって、ベースにぶっ刺して穴を開けます。

こんな感じで、左右に2か所ずつ開けて1組となります。

またアルミ線を炙って、穴と穴の間に溝を溶かして作ります。

カギ棒を穴にぶっ刺して、2mmのラインを引っかけて通して行きます。

溝の所にラインがはまり、ダメージを負いにくくなります。(多分)

左右の穴の間にシリコンチューブを噛ませて、結びます。
これで手前側が完成。奥側も残りも同じように穴を開けて、ラインを通します。

出来上がるとこんな感じです。

これで重量を測定すると、片側だけで45gです。
1足分換算で90g。要求仕様を満足しました。
靴下のままサンダル履くのであれば、紐がこすれないので
シリコンチューブは無くても良いと思います。


ついでにちょっとオリジナリティを出したバージョン。
同じように穴を開けてラインを通します。
この時、左右に輪っかを作っておきます。

この輪っかに好きな紐を結びます。
地面と擦れる部分のラインには強度が求められますが、
足側は強度にこだわる必要ないのです。


両方ともアスファルトの上を1時間歩いても、特に問題はありませんでした。

まぁ最悪壊れたら、諦めて登山靴履けばいいのです。
行動に支障が出ない、ぜいたく品なのですから。
(本末転倒)

コメント