4000円以下で作る超軽量自作カーボンポール 黒豹くん

山旅道具
スポンサーリンク

エバニューの軽量トレッキングポール、小鹿ちゃんを見ていたら自分でも作れそうな気がしてきました。
材料をネットで探していたら、なんとアマゾンでカーボンパイプが売られているのを発見!
これはカーボンで作るしか!ということで、小鹿ちゃんならぬ黒豹くんを作成してみました。

材料

  • カーボンパイプ 外径φ10mm×内径φ8mm×長さ1000mm
  • アルミパイプA6063  外径φ8mm×内径φ6mm×長さ500mm
  • EVAグリップ
  • 石突
  • ダイニーマーロープ φ2mm

ちなみに手持ちがあったダイニーマロープ以外、全部アマゾンで買いました。
取扱商品、どんだけ幅広いんだ・・・。
パイプ同士の繋ぎは、カーボンだと高いのでアルミパイプにしました。

作り方

適当な長さにカーボンパイプを切って、アルミパイプをくっつけるだけです。
超シンプル。

1100mmにしたいのですが、カーボンパイプが1000mmなので、長さが若干足りないです。
なので、持ち手の部分はアルミパイプで、その上にEVAグリップを接着して、
長さを調節しています。
継ぎは3本にしてます。そっちの方が収まりが良いです。

アルミパイプは60mmにカットして、30mmをカーボンパイプに接着、
30mm 飛び出るようにしました。

接着には強力と評判のJBウェルドを使用しましたが、
その後抜けたこともないので、何でも良かった気がします。


ダイニーマロープの固定方法ですが、石突側のカーボンパイプに切りこみを入れて、


切りこみにグルっとロープを引っかけて固定です。


その上に石突を被せて、接着剤で固定します。

使用する時は、ダイニーマロープを引っ張ってポールを連結させて、
グリップ側の切れ込みにダイニーマロープを引っかけて、ロックする構造です。
(小鹿ちゃんのパクリ)

こんな感じでロックします

最後にシールを貼ったら完成です。

気になる重量ですが、

見事100g以下を達成です!

小鹿ちゃんと並べるとこんな感じです。

3本継ぎだと長くはなりますが、グリップと石突部分が互い違いになるので、
収まりが良くなります。

小鹿ちゃんは4本継ぎで、収まりが悪く感じていたのも
自作するきっかけの一つでした。

使用感

力をかけても小鹿ちゃんのようにたわむことはなく、しっかりしています。
外径が10mmなので、結構丈夫だと思います。

キリマンジャロにも持って行きました。

メルー山と共に。海外浮かれ仕様で、鍔ついています。

が、下山時に踏んでしまって、アルミ部分が曲がってしまいました。
まぁ修理しやすいのもシンプルな自作の利点なので、帰国後サクッと直しました。

今年の夏休みの縦走は、こいつと小鹿ちゃんに決まりです!

2021年5月追記

キリマンジャロや北アルプス縦走(6日間/4日間)など、
2年間使い倒しましたが、2021年5月の大峯奥駈道
滑った拍子に突いて、アルミの接合部がぽっきり折れてしまいました。

ってことで寿命としては2年くらいみたいです。
お気に入りの1品なので、また同じ物を作る予定です。

ちなみに折れた後はVペグ2本で固定して使ってました。
ちょっとした応急処置の知恵なので、山行中折れた場合はお試しあれ。

コメント