2月 甲斐駒ケ岳 厳冬期の南アルプス(前編:髭もじゃゴリラは居るのか?)

山旅
スポンサーリンク

2019年2月23日~24日:甲斐駒ケ岳(2,967m)

前回の常念岳に引き続き、今冬の目標だった甲斐駒ケ岳に挑戦してきました。

厳冬期の南アルプス。
そこは髭もじゃゴリラなおっさんが集まる場所。
すれ違う時も挨拶なんて無しか、「ッス」と短く。

そんな偏見だらけのイメージが本当かどうか、確かめに行くことに!

今の餓鬼体型から、ゴリラのようなマッチョ体型になるのは無理なので、
とりあえず周りから浮かないよう、もじゃ髭を生やしてみました。

装備の方は、今年は積雪が少ないとの情報だったので、
スノーシューではなくワカンを選択。
つるつるアイスバーンを警戒して、アイゼンの他にチェーンアイゼンも持参。

テントはクロスーバードームにするかと思ってたら・・・

どこを探してもポールが出てこない。

前回の常念岳で落としたことが発覚。

急遽、ステラリッジ2を引っ張り出してきてパッキング。

結果、総重量20キロとなりました。
冬山だと当たり前の重量ですが、やっぱ重いです。

2019年2月3日 尾白川渓谷 (黒戸尾根登山口)

修行の道として名高い黒戸尾根。日本三大急登の一つです。

そこを厳冬期に挑戦するということで、月火水はお酒控えめ。
木金は禁酒というストイックさ。(基本毎日飲む人です。)

6:00 出発です。

事前情報通り雪は無し。何もつけずに歩いて行きます。

道はこんな感じで深くV字型にえぐれており、
昔から人が歩いている道なんだなぁと感じさせられます。

標高1400メートル地点で、ちらほらとアイスバーンが出てきたので、チェーンスパイクを装着。

がっつり凍ってますが、チェーンスパイクで無事通過。

地面の露出が少なくなってきたので、1600メートル地点でアイゼンに切り替えます。

と思ったら、また地面。
やはり今年はかなり雪が少ないです。

この週前半には雨が降ったそうで、がちがちアイスバーンな箇所がちらほらあります。

アイゼンってすごーい。

雪と氷と岩のミックスを乗り越えて行くと

視界が開けて、鳳凰三山とその後ろには富士山も見えます。
そして甲斐駒ケ岳で視界が開ける箇所、そこは

刃渡りです。

雪がついておらず岩むき出しなので、アイゼンだと歩きづらい。
ひっかけないように慎重にパスしています。

危険個所ではありますが、しっかり鎖がついているので特段怖くはないです。

こんな感じで凍ってたら絶対嫌ですが。
日当たりいいので、凍結は大丈夫そうです。

梯子場ゾーンに突入です。
積雪量によってはロープが見えないこともあるそうですが、
むき出しです。アイゼンで梯子通ると傷つくので、ゆっくり登って行きます。

がっつり梯子を登って行くと、

刀利天狗に到着。
黒戸尾根が終わりです。

日本三大急登というわりには、そこまで辛くはなかったです。
禁酒のおかげかしら。

**************************************************************

ここまで悩んでいました。

この感じだと、テント場も雪無さそう。
折角の雪山なのに、土見えてるテント場に張っても楽しくない。

あと、七丈小屋って有名なクライマーである花谷さんがやってるんだよなぁ。
一度見てみたいし、小屋泊っちゃうか?

ということで、小屋に泊れるか電話してみたら、OKを頂きました。
(小屋に泊る場合はもっと早く電話しておきましょう)

折角なので食事付きにしたので、テント泊装備+食料が完全に無駄ですが、
ぬくぬくな小屋で寝られるので我慢です。

雪ががっつり出てきました。
テント泊やめたの、決断が早かったんじゃね?と思いつつ、

分厚い氷の上を下って行くと

五合目小屋跡に到着です。
ここまでいったん下ったので、登り返しが始まります。

ここからも梯子が続きます。一段ずつ慎重に登って行きます。

相変わらずのアイスバーンっぷり。

こんな所で足を滑らせたら、大変なことになるな。

橋を渡ると、

垂直な梯子!

でも登りやすいようにロープついているので、特に問題ないです。
このロープ、いい感じのこぶでかなり登りやすいです。

そして登りきった後に現れるこの鎖場。
ここが前半戦で一番難易度高い場所でした。

どうやって足かければいいのか、30秒くらい悩みます。
悩んだ結果の結論は、

ファイトー!いっぱーつ!!

腕の力で乗り切ります。

最後の登りをがんばると、

12:40 七丈小屋に到着です。

何で看板を下におろしているんだろう。
道場破り対応なんだろうか。

今夜は第二小屋です。
食事付きだったので第一小屋かな?と思ってましたが、
それなりにお客さんがいるようです。


中はこんな感じ。
8組の布団で割り当てられたのが8番だったので、
一番最後の客だったようです。

真横にストーブがあって意外といい場所でした。
この時点で到着しているのは僕一人だけ。

山頂までは往復4時間のコースタイムですが、
現在の時刻は13時。ぎりぎり17時には戻ってこれる計算です。

ただ今回は食事付きの小屋泊ということで、
遅くなっても迷惑になるので、山頂アタックは翌日にしました。

トイレは外にあります。
近いので第二小屋のが便利かな?

小屋の中はドコモがぎりぎり入るので、
ポチポチスマホいじって時間つぶし。

そして17時に夕食です。
山小屋で食べるのって、何気に初めてです。

いつもアルファ化米雑炊ばっかりなので、カレーがとても美味しくて
3杯もおかわりしちゃいました。

食後は他の宿泊客と団らん。
冬のテント泊だと皆引きこもるので、
他の人と話す事なんて無く、新鮮です。

っていうか髭もじゃゴリラいねーし。
髭生やしてるの俺だけじゃん!

爽やかイケメンの花谷さんと、髭もじゃ餓鬼体型の僕。悲しくなります。

しかし皆さん見た目は普通ですが、やっぱり冬の南アルプスに来る人たちはレベルが違います。

アイスクライマーだったり、沢屋だったり、
どこか突き抜けていて、色々ためになる情報を貰えました。

隣のテーブルの女性陣は、
花谷さんのガイドツアーで登ってこられたそうで、
昨日小屋まで登り、今日山頂に登って、明日降りられるそうです。

山頂までの情報を聞くと、ワカンはいらないレベルとのこと。

花谷さん曰く、小屋にデポしてっていいよとのことで、
有難く要らない荷物は置かせて貰うことにしました。
テントとかテントとかね。あとシュラフ。

20時消灯です。
明日に備えてお休みなさい。

あ、テン場はがっつり雪ありました。

コメント