~3000メートル級の旅 その1~:GW 仙丈ケ岳(前編)

仙丈ケ岳:GW
スポンサーリンク

2018年の記録です。

2018年4月28日~30日:仙丈ケ岳(3033メートル)

前回、乗鞍岳で3000メートル級踏破という目標を立てました。

全21座中3座は登っていたので、
GWは4座目として3,033メートルの仙丈ケ岳に行ってきました。

仙丈ケ岳はハイシーズンであれば、北沢峠までバスが出ていますが、
GWはその手前の歌宿までの運行です。
・・・例年であれば。

2018年は林道崩壊の影響で、歌宿まですら運休。
仙流荘までしかバスが出ていないので、
仙流荘~北沢峠まで21キロ、地獄の行軍となりました。

車で行けば戸台駐車場からスタートできるので、もう少し短くなりますが、
諸事情により公共交通機関での移動となったため、地獄を見る羽目になりました。

2018年4月27日:伊那市

会社終わって速攻電車にのり、スーパーあずさで伊那市を目指します。
今回は公共交通機関での移動のため、車中泊ができないので、
前夜はホテルを取りました。

伊那中央ホテルにお世話になりました。
1泊3200円という格安ホテルです。
設備は安いなりですが、受付のおじちゃんの印象が良く、
寝るだけなら全然問題ないホテルです。

折角の前泊なので、軽く街をぶらぶら。

食堂で伊那名物のローメンを注文。
どんな味だったかは覚えていません。

2018年4月28日:仙流荘~長衛小屋

仙流荘までのアクセスですが、
①伊那市駅~高遠駅(バス停名)・・・7:49~8:10@520円
②高遠駅~仙流荘・・・9:30~9:59@310円
といったバスの乗換になります。

そんなわけで、早朝から行動できないので、
初日はテント場である長衛小屋までとなります。

戸台駐車場:11時10分着

仙流荘からひたすら車道を歩いて、車組のスタート地点にやっと到着。
ここから山道になります。

延々続く河原道。
所々ピンクテープが張られているので、よく見ながら進みます。

途中で川を渡りながら進んでいきます。
外気はめちゃくちゃ暑いですが、川の水はめちゃくちゃ冷たい

川を渡る際に、スマホを水中に落としてしまったので、
無造に二の腕まで手を水に突っ込んだら、
びっくりするくらい冷たくて心臓がドクっとしました。

河原歩きが終わると爽やか森林地帯。
日差しも遮ってくれるので快適ですが、車道&河原で大分やられていたので、
結構辛かった記憶があります。

北沢峠:15時30分着

早速、長衛小屋でテントの受付をします。

テント場はぼちぼちな人数でした。
テント場の横に川が流れているので、ビール冷やしたりできて最高です。
水も無料で貰えます。(湧いています。)

明日はテント場に不要な荷物を置いてのアタックです。
酒をかっくらって、早めに就寝しました。

コメント