2018-2019 冬の北海道・知床ツーリング Day4:知床での大晦日

2018-2019 年越し北海道ツーリング
スポンサーリンク

前の記事はこちら

旭岳は敗退したので、タイトルから(と雪山登山)は抜きました。
前回の続き

斜里の町で、パンク修理を完了し、日没までに羅臼を目指していざ出発。

の前に、斜里の有名な場所。”天に続く道“に立ち寄りました

白い空。白い道。見えない太陽。
さ、行くか

冬は知床峠が通行止めなので、ウトロ方面ではなく、根北峠(こんぽくとうげ)を越えるルートになります。
道東の峠。車も通らないし、吹雪で視界悪いしで、こんなとこでまたパンクしたらどうしようと、
がくがくビビりながら海を目指してひた走ります

寒くて寒くて、結構限界来てて、あと60キロを切ってるのに、
羅臼の町が果てしなく遠く感じました。今思い出してもつらかった。

あと20キロ・・。
あと10キロ・・・。
あと5キロ・・・・。
正直、かなり辛い。

でも折角ここまで来たんだ!
あとちょっとだからがんばれ!

何度も自分に言い聞かせ、
気持ちを奮い立たせて、アクセルを開けて行きます。

そしてやっと・・・

ふらふらになりながら知床に到着!

2008年以来、10年ぶりにやってきました!!
今年最後によくがんばった!

到着したのは18時前。

ろくに昼飯食べれて無いし、まともな晩御飯を食べたい。
でも、大晦日だしどこもやってないだろうなぁと思いながら、
道の駅にあるお店紹介見てると、蕎麦屋さんがやっている様子。

お店に入ると「寒かったでしょ~」と温かい声をかけられました。
そして、暖房を入れて頂く。

どうやらお店の方もバイク乗りだそうで、色々話しかけて頂きました。

そして頂いたそばもがっつり。さらにはがっつりおまけも付けて頂き、
カロリー補給して体温を回復させることができました。

斜里から知床までの道がやたら辛く感じましたが、
今年の最後に温かい人情、とても心に染みました。

「そば処 しずか」さん、ありがとうございました!
知床岳登りにきたとき、また来ます

今年最後の食事の後はお風呂。
羅臼と言ったらもちろん熊の湯です。

誰もいない貸切のお風呂で、満点の星空を見る。
周りにの灯りが少ないせいか、時々、星が流れる。

体の芯から凍るような気温をバイクで走り、
温かい人情に触れて、
体を温めて生き返らせてくれるお風呂につかる。
夜空はばっちり。

色々トラブルはあったけど、これだけは言える。

頑張って来て良かった!知床万歳!

お風呂で温まった後は、今年最後の野営地へ向かいます。

スノーシューを履いて雪をかきわけて、羅臼岳方面に移動。
羅臼岳登山口付近で雪を慣らして本日の宿を作成。

テント設営後、ちょっとバイクの所まで荷物を取りに戻った隙に、

野生動物が遊びにきてました。 エゾユキウサギ かな?

野生動物かぁ・・・。
この時期、熊は居ないよな・・・?
もしかして穴持たずが居るかも・・・
急に不安になり万が一に備えてピッケルを枕元に置き、新年を迎えました。

そんな年越しです。



装備編はこちらの記事です

2019年9月25日 | ゆーいんの冒険奇行
年越し北海道ツーリング%e3%80%80装備編/

コメント